2016年7月29日更新

ASACの学校は 160事業137校になりました
学校一覧  州地図と一覧

トゥールベイン小学校増設、もう少しで完成!


〔着工式当日、整列して出迎える生徒達〕

コンポンチャム州のトゥールベイン小学校の 着工式が 4 月 25 日に無事行われ、生徒、教師を はじめ多くの村人達が喜びの式典に参加しました。 6月に第1回目の建設状況の視察を行いました。 建設は、雨季に入り、時折降る豪雨のため数時間 ストップしてしまうことも多々ありました。 学校増設に併せ図書支援で本を贈ることになり 本棚を3台製作しています。 建設中の校舎は現在 ある校舎より多少傾いた低い土地に建設している ため、豪雨になった場合、浸水する心配もありまし たが、 建築構造上は問題ないとのことで進めています。現在のところは順調に工事は進んでおり、今月中には完成予定です。 現在、午前中を1年生と3年生、午後を幼稚園生と2年生、野外の校舎を4,5年生が 使用していますが、校舎ができれば6年生まで勉強ができるようになります。 学校関係者 も生徒たちも校舎ができるのを楽しみにしています。

第3回養豚支援事業完了


〔選ばれた 24 世帯の皆さん〕

カンポット州にあるギャレットモーガン・キリプラサット小学校の村で昨年 12 月に 選ばれた 24 世帯 24 名で第3回目の養豚事業をスタートしました。 各世帯に子豚を 1 頭 ずつ提供し、3 ヶ月かけて育て上げた後、購買意欲が高まるクメール正月前(4 月)に販売 して利益を得ることを目標に掲げていました。 しかし猛暑のために豚が十分に育たなかっ たことが一因で 6 月までずれ込んでしまいました。 この猛暑は、養豚成功率にも影響を与えてしまい豚を提供した 24 世帯の内、豚を販売 して利益を得たのは 54%の 13 世帯でした。 しかし貧困であった 13 世帯が最終的には自分 の力で利益を生み出し村発展のためにと その利益の 5〜10%をキリプラサット小学 校に寄付をしてくださいました。 寄付金の合計額は$77.50 になりました。


養豚支援受益者の声より

昨年 12 月からの養豚支援で 13 世帯が豚を販売して利益を得ることができました。その 利益は、トラクターの購入費や庭の土入れ代など、様々な用途で使用されました。 成功者 の中には、養豚を続けている人もいました。成功者は養豚するにあたり「何の問題もなかった」と答える人が多くいましたが、失敗者の多くは 3 月〜4 月の猛暑と水不足が養豚に 影響したと答えています。 養豚に成功した 13 世帯すべてが、利益の一部を村の小学校に寄付してくださいました。 集まった寄付金は、学校から要望のあったゲーム(算数やクメール語のゲーム)と水を 購入しました。 これらの寄贈物品は、寄付してくれた村人から直接児童に手渡されました。

【利益の一部を学校に寄付した成功者の声より】
  ★ $9 を自分たちのために使うよりも、子どもたちのめに使用した方が
    より価値があると思い学校に寄付しました。
    機会があればもう一度養豚をしたいと思っています。
  ★ 自分にもできると分かり、引き続き養豚を行っています。現在、2 頭の豚がいます。
    学校に寄付できたことをうれしく思っています。

第21期識字事業開始

 コンポンチャム州バティエイ郡トロップ地区で、日本国際協力システム(JICS)の支援を受けて、今期の識字事業が始まりました。識字教師トレーニングが終わり、受講者を募集しているところです。
 対象3村のうちの一つロット村は、これまで治安が悪くて事業の展開ができなかったところですが、最近警察官が配置されるようになり、村長も警察官もサポートを約束してくれました。村長によると村民の半数が非識字者ということです!

識字教室を 4464人が修了しました
識字教室一覧

今井基金助成  トイレ建設と衛生指導の事業終了

 今井基金からの助成金で、コンポンチャム州のスタンチュベイン小学校で衛生教育支援を行ってきましたが、3月末に終了しました。  雨期には道路が冠水して工事に着手するのが遅れましたが、洪水に対応するトイレを無事作ることができました。
 トイレ完成後は子どもたちにトイレの使い方、清掃の仕方、手の洗い方を教え、保護者にも水を煮沸して飲むことを教えました。

ASAC紹介カード

 ASACの学校建設について手軽に説明できます。印刷してご使用ください。


    はがきサイズは こちら
    A4サイズにカード4枚は こちら

レンガ募金貯金箱をテーブルに

 いつでも、少しずつでも、カンボジアの子供たちへの支援の気持ちを形に。テーブルに置けるかわいい貯金箱です。
 厚めの紙に印刷して組み立ててください。 《PDF》 《Word》
 作り方は... 《作り方》
 小さくてもたくさん入ります。いっぱいになったら送ってください。 《送り先》


 レンガひとつ分の協力を! メールの送り先:asac@asac.gr.jp  

私たちのホームページは多くのページにリンクを張っていただけることを希望しています。

NEWSサバイ138号より
○トゥールベイン小学校増設、もう少しで完成!
○第3回養豚支援事業完了
○カンボジア便り
○21 期識字事業後モニタリング(2 ヵ月後)
○識字教室終了後の体験談発表会より
○ソーラーランタンの寄贈
○プレイトムコマツ小学校修繕工事が完了
NEWSサバイ136号より
○ウドンミエンチェイ中学校 校舎完成
○渡辺成子理事長 逝去
○カンボジア便り - カンボジアから渡辺理事長を偲んで
○カンボジアへの寄贈校を訪問して
○浜松北ロータリークラブ ウドンミエンチェイ小学校読書室完成
○ギャレット・モーガン・キリプラサット小学校の屋根修繕工事完成
NEWSサバイ135号より
○第21期識字事業 JICS支援
○カンボジア便り - プノンペンのクリスマス
○カンボジア便り - 3州5校舎対象 図書支援
○カンボジア便り - 養豚支援事業始動
○柏市民活動フリマ ぽかぽか市
NEWSサバイ129号より
○トイレ建設、衛生指導推進中
○順調に始まった第20期識字教室
○カンボジア便り - デモンストレーション小中学校(コンポンチャム市内)
○文化学園友好プレイスラロウ小学校訪問
○ヨシミ小学校訪問
○カンボジアに生まれて(2)
○カンボジア料理実習
○柏市民活動フリマぽかぽか市
NEWSサバイ128号より
○トゥールプチャック中学校開校
○プリンバイダウム小学校開校
○辻村聖子理事のご逝去を悼みます
○カンボジア便り - ボンコック湖とワタナックキャピタルタワー
○スタディツアーに参加して - 望西
○識字教育の生徒さんたちを訪問
○2年8カ月ぶりのプノンペン
○タケオ観光
○カンボジアに生まれて(1)
○浦安市国際交流・協力フェスティバル
○国際フェスタCHIBA
NEWSサバイ127号より
○ASAC創立20周年にあたって
○校舎はまもなく完成トゥールプチャック中学校
○カンボジア便り - プノンペンにイオンモールが開店!
○養豚支援の村 - キリプラサット小学校訪問
○プノンペンの編み物の会amourがプノンボン小学校に図書寄贈
NEWSサバイ126号より
○コークロロウ中学校完成式
○トゥールプチャック中学校建設進行
○着々進むプリンバイダウム小学校建設
○カンボジア便り - 小学校にコンピュータ教室!
○6年ぶりのオタクラー小学校訪問
○トゥールプチャック中学校で農民講座
○柏市民活動フェスタ
○写真展「カンボジアにみんなの善意を届けたい」
2014年の識字教室

□NEWSサバイ138号

2016.7.29

□NEWSサバイ136号

2016.3.15

□NEWSサバイ135号

2016.3.15

□2014年の識字教室

2015.7.3

□カンボジアあれこれ

2015.7.1

□NEWSサバイ129号

2015.6.21

□NEWSサバイ128号

2015.6.21

□NEWSサバイ127号

2015.6.21

□NEWSサバイ126号

2015.6.8

□NEWSサバイ125号

2015.1.6

□NEWSサバイ124号

2014.12.25

□建設学校一覧
□州別建設学校一覧

2014.11.24

□2013年度識字事業

2014.7.10

□上記以前のNEWSは こちら