ナムカン小学校補修完了 きれいになりました

 築13年のコンポンチャム州のナムカン小学校が壁、床、フェンスなどの修復を終えて、きれいになりました。浦安ロータリークラブおよび大和ハウスからの寄附金に加え、住民も費用の一部を負担することになったため、正面の壁に掲げる寄贈者プレートには「ナムカン小学校建設委員会」の文字も刻まれました。これは今後校舎の維持管理に住民の関与を強めてもらう端緒として画期的なものです。
 学校を良い状態で長く使ってもらう取組みの一環として、トイレ清掃用具を一式寄贈し、先生方と子どもたちに清掃の働きかけを行いました。カンボジアの村々にはトイレのない民家もまだたくさんあります。子どもたちにトイレの使い方を教えるポスターを作って配り、トイレを清潔に保つ活動が浸透するようにしたいと考えています。

教科書、簡易浄水器も寄贈

 ナムカン学校には飲み水に適した水源がないので、簡易浄水器も寄贈して各教室に置けるようにしました。セラミックの容器をろ過装置として使うものですが、簡便で効果が高く安価なので飲料用水が確保できない地域では積極的に使ってほしい装置です。
 また、図書室はあるのですが、4年生以降の教科書が全くない状況だったため、生徒の教科書および教師の指導書、合計860冊も寄贈しました。
 地域住民の教育に対する関心が高く、生徒の進級率が高いので、これらの寄贈を受けて教育の充実化が図られるものと期待します。

簡易浄水器とトイレ清掃用具

簡易浄水器の使い方を先生方に説明