皆さま、ご協力ありがとうございました
ドムライロミエル小学校 開校!

 会員、協力してくださった個人、諸団体からの寄付金により、11月から建設を始めたカンポット州のドムライロミエル小学校が完成し、会の創設者岡村眞理子の2月1日の7回忌に合わせて1月31日に127校目の開校式を行いました。
 日本からスタディツアーを組んで6人が参加し、村人とともに開校を祝いました。
 詳細はスタディツアーの記事をご覧ください。

トゥールチャン小学校に遊具を設置

 しょうがっこうをおくる会の岡村さんから、2010年に寄贈された学校の洪水被害状況を心配する問合せがあり、学校に連絡して校舎の無事が確認できました。学校からの要望により同会から図書、遊具を提供していただけることになり、1カ月半の休校で勉強が遅れてしまった子どもたちにとって思わぬプレゼントとなりました。

提供されたたくさんの文房具を
子どもたちに届けました

 全コマツ労働組合連合会から文具提供の申し出があり、プレイトム コマツ小学校、コマツ友好トヴィアトマイ小学校の子どもたちに1年分のノートとペン、鉛筆を届けました。
 カンボジアの子どもたちは十分な文房具を持っていないので、皆とても喜んでくれました。

 茨城で活動しているNGO未来の子どもネットワークおよびASACのホームページを見て連絡してくださった吉田麻衣さんから、ノート、鉛筆などのたくさんの文房具の提供がありました。
 スタディツアーの一行に約60kgもの文具をカンボジアに運んでいただき、ドムライロミエルの開校式および学校訪問のさいに子どもたちに手渡すことができました。