トゥールベイン小学校、いよいよ建設着工

コンポンチャム州のトゥールベイン小学校は教室が不足しているため、村民達は校舎の 増築を強く望んでいました。 会は、この増築支援のために 2 年間にわたり建設資金の募集 を行ってきました。お陰様で多くの方々から寄付金をお寄せいただき、この度着工する ことになりました。 2教室の増築で5,6年生も通えるようになります。「レンガひとつ 分の協力」もあり、一つ一つの暖かいご支援で教育環境を整えることができるようになり ました。 まだ資金的には不十分ですが、今後も続けて建設資金の募集を行ない完成させた いと思います。着工式は4月25日を予定しています。 ご協力ありがとうございました。


第21期識字クラス終了 JICS 支援事業

コンポンチャム州バティエイ郡トロップ地区にて平成27 年 7 月から行われていた第 21 期識字教室は 3 月 18 日に閉講式が行われました。 全受講生数は 100 名で、最後まで学ん だ生徒は 94 名でした。その中で 93 名の受講生が試験に合格しました。

第22期識字事業決定 JICS 支援事業

JICS(日本国際協力システム)の支援により、第 22 期の識字事業が決定しました。 事業期間は 2016 年 7 月〜2017 年 3 月、事業地はこれまでと同じく、コンポンチャム州 バティエイ郡です。事業村の詳細はこれから決定します。 支援対象人数は 100 名、7 月に 関係省庁との打ち合わせ、村への説明、識字教師選定を行い、8 月に教師トレーニングを 開始します。 識字教室の開講は 10 月を予定しています。

NPO法人ASACカンボジアに学校を贈る会 第12回総会が開かれました

3月13日に特定非営利活動法人 ASAC カンボジアに学校を贈る会の第12回総会が 開かれました。途中理事会を開き、 互選により理事長に山田哲平氏、副理事長に岡村浩典 氏が選任され、総会において承認されました。

新理事長就任挨拶

今年の初めに渡辺前理事長が急逝され、ASAC は突然、船長と海図を失った船のような状 態に陥りました。 昨年の9月初めから10月にかけてのカンボジア滞在中においては、何 一つ変わることなく、情熱的かつ積極的に活動をされていました。 渡辺さんの後を引き 継ぐことになりました私はまだ未熟ではありますが、理事、事務局共に力を合わせ活動を 続けて参りたいと思います。 会員の皆様、支援して下さる方々のお力添えをよろしくお願 いいたします。