2017.7 プノンペン事務所 大工原由香


7月6日、7日の二日間にコマツユニオンご一行が、以前寄贈されたカンポット州のトゥビアトマイ小学校とプレイトム小学校を訪問されました。
皆さんカンボジアが初めてということで、シェムリアップとバッタンバンを訪問された後にカンポットに向かいました。
トゥビアトマイ小学校は2001年に6教室、プレイトムコマツ小学校は1997年に9教室が建てられています。
今回、トゥビアトマイ小学校には校庭にプレイグラウンドを設置、教室には扇風機が取り付けられ、真新しいコンピュータが一台寄贈されました。
プレイトムコマツ小学校には新しい書籍及び教材となるものやサッカーボールやバトミントンなどの遊具が寄付され、校舎の修復が行なわれました。

トゥビアトマイ小学校

ドナーの方々の紹介中
 

生徒1人ずつにノート・ペンなどの贈呈

頂いた紙風船を膨らませるのに格闘中

沢山のお土産ありがとうございます!

折り紙で紙飛行機に挑戦中!!

寄付された縄跳びやボールで遊ぶ
ドナーの方々は初心に帰って我を忘れて子供たちと汗だくになりながらボール遊びや縄跳びなどを楽しんでいらっしゃいました。
翌日にはボコール山に登り絶景を眺めた後、帰路途中にポルポト時代の大虐殺があった跡キリングフィールドに立ち寄り、夜には日本への帰路へつかれました。