広がる教育の場 =開校4校、着工1校=

 12月20日にカンポット市中央部に建設されるカンポットクロン中学校の起工式、地鎮祭が行われました。教育省、カンポット州などから関係者、又、日本大使館から地神参事官が出席しました。将来、この校舎で学ぶ中学生も多数参加し、一日も早い完成を願っていました。今回は、初めての基礎杭を打ち込んでの二階建てです。式の直後から杭を打つ音が響き渡っていました。
 12月22日には同じカンポット州、ダントン郡、カンポット郡のトロペアンチューク小学校、モハプロム小学校、チュバーアンボー小学校(ASACレンガ募金学校)の3校の合同開校式が行われました。 寄贈者側として、味の素労組 ASACスタデイツアーの皆さんが出席され盛大に行われました。主賓のカンポット州教育長から、ASACの長年にわたるカンポット州での教育支援に感謝が寄せられました。
 市の中心部にはプレアリアッサンピア中学高校がありましたが華僑に買い取られてしまい華僑の学校となってしまい、中学生約4000名は町から5キロはなれたところまで通学しなければ成らなくなりました。カンポット市を二分するカンポット川に架かる橋を3000人の学生が一斉に渡るため連日通学時間の1時間半ぐらい橋の交通が遮断され大きな障害になってます。コンポンバイ郡を取り巻くカンポット郡では小学校49校に対し中学校は5校と中学校が圧倒的に不足しており、今後も中学生が急増していくことに対応しなければなりません。

(カンポット 正木信敬)

NPO法人ASAC第一回総会
昨年7月に登記され、正式に活動を開始したNPO法人ASACの第一回の総会が開かれます。法人会員に皆さん参加をお待ちしています。
日時:2月27日 (日)10時開場 10時30分〜12時 会場 :津田ホール 1階会議室 
(JR中央/総武線 千駄ヶ谷駅前  都営地下鉄大江戸線 国立競技場A4出口)

国際シンポジウム明日へのまなざし
カンボジアに学ぶ国際NGOのお知らせ

 2月27日(日)会場:津田ホール(同日、同会場において、津田塾会主催のシンポジユウムがあり、代表がパネラーとして出席します。

時間:13時30分〜   開場13:00〜 (入場無料)
第一部 講演 北谷 勝秀氏(NPO法人 2005理事長)
第二部フイルム上映 (フレンズ・ウイズアウト・ア・ボーダーのカンボジアでの活動内容)
第三部パネルディスカション (国境を越えた友情)  コーディネーター 石原 直紀氏
井津 建郎氏 :FWAB 代表(写真家。ニューヨーク在住)
岡村 眞理子氏 :NPO法人 ASAC理事長/カンボジアに学校を贈る会代表
北谷 勝秀氏 :NPO法人 2005理事長