11月に相次いで開校

 11月にコンポントム州のヴェルトム小学校、カンポット州のウドンミエンチェイ小学校、コンポンチャム州のスラバン小学校が相次いで開校となりました。
 ヴェルトム小学校は、しあわせの林檎の4校目の寄贈です。ウドンミエンチェイ小学校は、浜松北ロータリークラブの35周年記念事業による寄贈です。スラバン小学校は、柏中央ライオンズクラブの30周年記念事業による寄贈です。
 また90校目のコンポンスダイ小学校(コンポントム州、しあわせの林檎寄贈)も着工しました。

もと地雷の山に学校が プノムトロジュン小学校開校

 12月6日にカンポット州で、味の素労働組合の支援によりプノムトロジュン小学校が開校しました。味の素労組の8回目の事業、5校目の建設です。建設地はポルポト派との激戦地で、地雷原ともなっていたところ。開校式には大勢の住民が参加し、味の素のお二人、スタディツアーの一行も共にお祝いしました。
 (写真は旧校舎)

バティエイ郡の図書館が開館

 12月7日、バティエイ郡教育委員会に建設した図書館と移動図書10セットの贈呈式が行われました。図書館は郡の教育委員会の方や先生方に利用される予定です。移動図書セットはASACが建設した10の小学校に配られました。浅草ロータリークラブが100周年記念事業として取り組まれた100円ボックス募金により、建設することができました。
 (写真は新設図書館から小学校への移動図書セットの運び出し)