私たちの素朴な疑問についてカンボジア人へ突撃インタビューを試みるコーナーです。今回は結婚している女性を対象に8名へインタビューをしました。
 インタビューした場所は、ASACプノンペン事務所から西に約2.5kmのところにあるオリンピックマーケット。前回インタビューをしたオルセーマーケットと同様、食べ物、衣服、日用雑貨、電化製品などありとあらゆる物が売られております。

Q1 夫はどんな家事を手伝いますか?

 8名中6名が何らかの家事を手伝うと回答しました。しかしその多くが「時間のある時に手伝う」「私(妻)が手伝ってと言った時のみ手伝う」という消極的な意見でした。この点は日本の男性人と同じなのでしょうか。ちなみに私も「時間のある時に手伝う」人です。
 尚、「なし」と回答した2名のうち1人からは、「夫には会社での仕事に専念して欲しいので、家事は手伝わせたくない。家では自由にさせたい。」というコメントがありました。様々な考え方があるようです。

Q2 朝食はどこで食べますか?

 8名中5名が外で朝食をとると回答しました。その多くが市場で朝ごはんを食べるとの事です。残り3名は家で食べると回答をしましたが、その中には週末は外で食事をすることが多いというコメントもありました。外で朝ごはんを食べるという考え方が比較的定着しているのかもしれません。

Q3 夕食は家族で一緒に食べますか?

 8名全員が「一緒に食べる」と回答しました。夕食は家族と一緒にとるという考え方はカンボジアでは当たり前のようです。

Q4 子どもは何人いますか? 欲しいですか?

 8名中7名が子どもはいると回答しました。子どもの人数は1人から5人までと差が出ました。また、今後子どもが欲しいかについては子どもの人数によって回答が別れ、子どもが1人の女性は、もう1人子どもが欲しいとの事です。一方3人以上子どもがいる女性は皆、これ以上子どもは欲しくないとコメントがありました。

Q5 毎日、新聞を読みますか? どんな記事をよく読みますか?

 8名中4名が毎日新聞を読むと回答しました。毎日読むと回答した女性からは、社会欄、教育に関する記事、女性の健康に関する記事をよく読むとコメントがありました。また残り4名のうち2名は週2〜3回新聞を読むと教えてくれました。多くの女性は新聞を通じて様々な情報を得ているようです。