オタクラー小学校の着工が決まりました

 今年の雨期はカンボジアのあちこちで大水が出たり、長雨が続いたようです。
 そろそろ雨期明けも近づき、学校建設を待ち望んでいた現地の人々も、私たちもやっと建設の具体的なステップに入る段階となりました。
 現地ではまだ激しい雨が降っているということですが、工事日程について、11月27日に着工式を行い、3ヵ月後の2月下旬に開校式を行うように段取りを進めています。

オタクラー小学校の先生と生徒たち 写真:JMAS
 地雷除去に当たったJMASの方々には、工事用自動車の搬入道路、橋などの利用可能状況や安全性について、 改めて確認をお願いしているところです。
 プノンペンからバッタンバン市まで約6時間、一泊して翌日も6時間かけてオタクラー村に入るという遠い道のりですが、開校式には日本からも参加して一緒にお祝いしたい、とツアーを計画しています。参加ご希望の方は事務局までお知らせください。ツアーの詳しい内容は次号でお知らせします。

カンポット州で3校が開校

 ドトールコーヒーの支援により、カンポット州のプレイベーン小学校とクダ小学校の2つ目の校舎が完成し、9月末に開校式が祝われました。また、10月初めには文化学園の支援で建てられた、同州のプレイスラロウ小学校の開校式が行われました。ドトールコーヒーは店頭に置かれた「ありがとう募金」から、文化学園は学生の作品を学園祭で売った売上金から寄付をくださいました。

プレイベーン小学校の
傾いた校舎

新しい教室で
記念品を受取る生徒たち

プレイスラロウ小学校の旧教室
ヤシのはっぱでふいた壁