2007年に建設した学校

チェイサンポー小学校   寄贈:しあわせの林檎
 旧校舎は住民の手で建設されたもので、教室内はとても暗い。右下の写真は新校舎建設中のもの。

クオリィア友好スラガエカウット小学校   寄贈:(株)アカデミー
 屋根にひび、板壁があちこち壊れていて、隣の教室は丸見えだった。

チョンクロン小学校   寄贈:つばさ基金
 ポルポト時代の共同炊事場の古材を利用した、トタン屋根校舎。傾いて危険なので、風雨が厳しいと使えなかった。

文化学園友好プレイスラロウ小学校   寄贈:学校法人文化学園
 屋根から雨漏り、教室の仕切りはやしの葉っぱ。隣の教室の音が聞こえてしまうので、勉強に集中できなかった。

クダ小学校(増設)   寄贈:(株)ドトールコーヒー
 左は2002年にドトールありがとう募金及びドトールコーヒーの寄贈によりASACが建てた校舎。生徒が増え3交代で授業を行っていた。右側の校舎を増設。

プレイベーン小学校(増設)   寄贈:(株)ドトールコーヒー
 2002年にもドトールありがとう募金及びドトールコーヒーの寄贈によりASACが1校舎目を建てている。左は住民がポルポト時代の共同炊事場の古材を利用して建てた校舎で、老朽化し傾いていた。

ワタル リャックソマイウドン小学校   寄贈:高橋氏
 木材の柱にやしの葉が葺かれているが、屋根には大きな穴が開き、雨が降ると勉強できなかった。

ビジョン ワットチェイクポ小学校   寄贈:(株)ビジョン
 古木材とトタン屋根の校舎の中は、暗くて熱く、雨が降ると騒音となった。

アンロントゥモー小学校   寄贈:しあわせの林檎
 2教室しかなく4年生までしか受け入れられなかった。壁がないので降雨時には勉強できなかった。