2008年に建設した学校

サッポーン小学校(修理)   寄贈:文化学園
 1997年にカンボジア国民の寄付によって建てられた。床、屋根、壁の汚れ、傷みが出てきたため、補修を行った。

プレイピエイ小学校   寄贈:ドトールありがとう募金、ドトールコーヒー
 ポルポト派の元兵士とその家族が開拓した村にあった粗末な小屋の教室。10年以上学校建設の嘆願書を州に出し続けても、良い返事をもらえなかったたが、ASACが新聞記事をきっかけに手掛かりを作って建設にこぎつけた。

チュムクリエル小学校(修理)   寄贈:文化学園
 1999年にセカンドハンドの支援でASACが建てた校舎。床、屋根、壁の汚れ、傷みが出てきたため、補修を行った。

トロペアン パナル小学校   寄贈:野田氏 ASAC
 住民の手で竹、ヤシの葉、トタンで作られた校舎は、雨が降ると大きな音で先生の声が聞こえず、教室も足りなかった。

ピッチェイウドン小学校   寄贈:岩田氏
 住民の手で建てられた校舎でカンポット市中心部に位置するが、老朽化して屋根にも穴が開いていた。

プノムトーチ トロック トロン小学校   寄贈:味の素労働組合
 住民の手で作られたヤシの省きの校舎は、壁もなく雨が降ると勉強できなかった。

チャーティルチュロ小学校   寄贈:しあわせの林檎
 やしの葉で葺かれた1教室で1年生から3年生までが学んでいた。新しい校舎に4年生まで入れるようにになったが、教員数が足りないので2学年ずつ一緒の授業をしている。

オタクラー小学校   寄贈:ASAC
 JMASから地雷除去の活動を進めているバッタンバン州の地点に学校を建設してほしいとの要望があり、検討の末レンガ募金で支援するのにふさわしい、と建設を決めた。

カンポットクロン中学校(増設)   寄贈:日本NGO連携無償資金協力
 カンポット市の中心に位置する学校。2005年に同じ資金でASACが1校舎目を建設したあと生徒が増え続け、すぐに教室不足となってしまった。再度2校舎20教室を建設し、合計で4校舎40教室となった。